タグ:K様邸 この家を息子に残したい ( 18 ) タグの人気記事

断層 長期優良住宅化リフォーム推進事業

こんにちは カナデホーム の浅田佳宏です カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています(2012年現在の実績)  こちら

 熊本地震でクローズアップされた断層
静岡県では丹那盆地に北伊豆断層が有ります
昨日見てきました
b0146964_1517136.jpg

1930年に起きたM7の地震で断層が案僕にわたって最大≒2kmずれたとの
記録があります
b0146964_15184442.jpg

b0146964_15203089.jpg


 国や関係大学は阪神大震災後、GPSで地殻のずれを15年以上にわたって
計測してきました
 いま私たちが知っている日本列島の地図上の断層は古い昔の記録で
新しく見直す時期が来ていることを諸外国を含め世界の科学者が警告しています
新しい断層も発見されているからです
 しかし断層付近でも損傷なく再利用可能で、現存している建物があることも事実です
建築専門の文献を読むと、耐震基準に満たない家は大きな損害_全壊、半壊という
調査結果ですが、よく読むと建物の「生物劣化」の原因が多く指摘されています
生物劣化とは? シロアリや腐朽菌で木材が腐ることです
生物劣化によって構造体を構成する土台や柱や梁が、本来の体力を失い
倒壊に繋がったという報告です

木造住宅は木の腐食ですが
鉄骨住宅は鉄の錆
鉄筋住宅は鉄筋の錆
どんな建物でもあります_劣化
木造住宅の場合 土台のと梁材の生物劣化
b0146964_153852.jpg

b0146964_15385768.jpg


 外観や内装の美観更新ばかりにおもむきをおき
建物本来の性能的な改修が行われていない物件に数多く見られたようです

 長期優良住宅化リフォーム推進事業では
耐震性能のほかに
省エネ性能
維持管理対策
劣化対策など
基本4項目をしっかりと精査改修しないと認定が下りません

皆さんにとっても大変安心な事業ではないでしょうか!

ご検討ください
b0146964_15465114.jpg

b0146964_1547042.jpg

[PR]
by kanadere | 2016-05-23 15:50 | 長期優良住宅化リフォーム

 K様邸 この家を息子に残したい 15

こんにちは カナデホーム の浅田佳宏です カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています(2012年現在の実績)  こちら

 内部の耐震工事と外部の改修工事の同時進行

外壁雨漏りの修繕とリシン搔き落とし仕上げの工程を終え塗装に入ります

アルミサッシは全て入替えが完了しています
e0268865_1944714.jpg

e0268865_19442121.jpg

e0268865_1944398.jpg

 塗り継ぎ箇所は止水のコーキング処理をします
e0268865_1945382.jpg

e0268865_19463189.jpg

e0268865_19464334.jpg



 モルタルリシンが渇いた段階で、高圧洗浄で汚れを除去します
  ↓パートナー企業の山崎さん カッパをきます
e0268865_19472899.jpg

e0268865_19482437.jpg

e0268865_19483443.jpg

  ↓屋根も一緒に洗浄 この作業は雨漏りのチェックにもなります
e0268865_19484746.jpg

e0268865_19492576.jpg


  ↓フィーラー塗装_カチオン接着剤を混ぜて下地処理です
e0268865_19503823.jpg

e0268865_19505496.jpg

e0268865_1951257.jpg

  ↓元は薄い若草色でした 私がご提案したの色はあずき色 3分艶_艶消しです
e0268865_1952286.jpg

  
  ↓仕上げの1回目
e0268865_19523273.jpg

e0268865_19524194.jpg

e0268865_19535298.jpg

  ↓仕上げの2回目を塗り終えた処 落ち着きのあるモダンな色に仕上がりました
e0268865_19532646.jpg

e0268865_195340100.jpg

[PR]
by kanadere | 2015-07-14 19:26 | 大規模リフォーム

 K様邸 この家を息子に残したい 14

こんにちは カナデホーム の浅田佳宏です カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています(2012年現在の実績)  こちら

 室内は大規模リフォームと耐震工事の真っ盛り

外では左官工事で仕上がった、リシン搔き落とし仕上げも(部分補修ですが)十分に乾き
いよいよ外壁塗装工事です

 長期優良リフォームの必須項目の中には維持管理及び劣化対策という項目があります
維持管理は適切な監理修繕を定期的に行い(建物のメンテナンス)長期にわたって家を
維持管理していくという考え方です
 劣化対策は劣化を助長するような仕様または木材の使用を避け長寿命の家を創っていく
K様邸は以前より雨漏りを起こしていました 通常の雨では発生しませんが、強風交じりの
強い雨、台風、ゲリラ豪雨の際に発生していたようです
 原因を特定して維持管理を妨げないようにしなくてはいけません

 工事着手の初日に雨漏りの調査を行いました K様に言われた以外の箇所も
入念にチェックします
  ↓パートナー企業の亀井さんとチェック 散水開始
e0268865_18265425.jpg

e0268865_1827248.jpg

  ↓5分くらいで症状が現れました
e0268865_18282930.jpg

e0268865_1828413.jpg
  
e0268865_18285168.jpg


 原因は外壁のクラックとアルミサッシと下屋の屋根の取り合い
  ↓原因1_外壁クラック
e0268865_18323939.jpg

e0268865_18324690.jpg

  ↓原因2_アルミサッシの入隅
e0268865_18331339.jpg

  ↓原因3_1階下屋屋根と2階外壁の取り合い
e0268865_1834628.jpg


 原因がわかったのでK様にご報告 了解を得て修繕をします
アルミサッシについては2階部分の入替えも別途ご提案しました
サッシは交換しないと止まらないからです
入隅分部の目に見えないわずかな隙間から、思ったよりも大量に雨が侵入します
  ↓外壁クラックはVカットの上コーキング処理
e0268865_18385459.jpg

e0268865_1839265.jpg

e0268865_18392220.jpg

e0268865_18393245.jpg

  ↓アルミサッシは新規の物に入れ替えるまで応急処置
e0268865_1841793.jpg








 
[PR]
by kanadere | 2015-06-12 18:01 | 大規模リフォーム

 K様邸 この家を息子に残したい 13

こんにちは カナデホーム の浅田佳宏です カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています(2012年現在の実績)  こちら

 耐震工事と同時進行で外壁の改修も行っています
e0268865_17343051.jpg


 外壁は左官工事が終わってから仕上げを施しますが
外部の塗装工事は並行でできる箇所があります
破風、鼻隠し板金の再塗装 既存の劣化はさほどひどくないので塗装で対処する
施行としました
  ↓錆止め塗装処理~仕上げ塗装(破風、鼻隠し板金)
e0268865_17463860.jpg

e0268865_17464990.jpg

e0268865_1747233.jpg

e0268865_17471352.jpg


  ↓霧除けも同じ工程です
e0268865_1748745.jpg

e0268865_17481573.jpg

e0268865_1748318.jpg

e0268865_1748432.jpg




次回は外壁の仕上げ
[PR]
by kanadere | 2015-05-12 17:32 | 大規模リフォーム

 長期優良住宅化リフォーム推進事業 公募の開始

こんにちは カナデホーム の家守(家を守る)の浅田佳宏です

 昨年度から実地されている
国土交通省のリフォーム推進事業の今年度版である
「平成27年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業」
提案型の公募が始まっています

 わかりやすく概要を説明すると
中古住宅の性能を向上して、住宅ストックの長寿命化を図る
優良な取り組みに大して国が費用の一部を補助する制度です
b0146964_22552234.jpg


この制度の中に「S基準」を満たすと1戸あたり、上限200万
が補助される仕組みがあります
住まい人には難しい解釈でピンとこないと思います
それもそのはず 業者もほとんどがちんぷんかんぷんです

 では難しい制度をカナデホームの耐震改修+大規模リノベーションを行った
K様邸を基にわかりやすくかつ、簡潔に画像を用いてご紹介します


まず耐震改修では
「一応倒壊しない」と言う基準評点である「1.0」まで改修します
K様邸は補助金を頂いて改修しました
評点は「1.2」まであげました
通常の耐震改修は基礎の補強までは求めていませんが
S基準では基礎の補強「増し打ち=既存の基礎に新しい基礎を抱かせる」
工法までが求められます

では実際の基礎の改修工事の画像です
    ↓まず既存の床を全て取り払い、砕石を敷き転圧します
b0146964_2335564.jpg

    ↓次に柱の引き抜け防止金物を取付けます
     ウエハラのガードホールダウンジベルです
     財:日本建築防災協会の評価取得を取得しています
     穴あけです
b0146964_2383017.jpg

    ↓開けた穴の掃除です 粉が残っているので
b0146964_2394042.jpg

    ↓ブラシでは完全ではありません 吸引機で再び吸い取ります
b0146964_23103097.jpg

    ↓穴に薬剤のケミカル材を差込み、ボルトを使い
     ハンマーでガラスの容器を割ります 
     すると真空状態が無くなり、液体と粉末が混ざって
     硬化を始めます
b0146964_23133450.jpg

    ↓さらにボルトを打ち込み、おくまで打ち込みます
     夏場は10分しないうちに、カチカチに固定されます
b0146964_23154697.jpg

    ↓セットされたガードホールダウンジベルと鉄筋
     黒板に記録します
     S様邸では、26箇所設置しました
b0146964_23174044.jpg

b0146964_23175996.jpg

    ↓赤丸印は、シロアリ駆除のために無作為に開けられた基礎コンクリート
     この欠けた部分の基礎も、今回の工事で同時補強します
b0146964_23193195.jpg


    ↓古い基礎に新しい基礎を抱かせる為の鉄筋の組み立てが
     完了した状態
b0146964_2324742.jpg

b0146964_23241760.jpg


    ↓新しい基礎コンクリート打設の状態
b0146964_23255684.jpg


    ↓新しい基礎が出来上がりました
b0146964_23263895.jpg

b0146964_23264766.jpg

b0146964_23271518.jpg


    ↓耐震補強計画で壁量が足りなかったり、耐震壁のバランスが悪かったり
     するときは、新しく耐震壁を設けます
b0146964_232958.jpg

b0146964_23291554.jpg


    ↓ホールダウン金物の設置も必須です
b0146964_23301769.jpg


    ↓既存の土台がアンカーボルトで固定されていない箇所が見つかった場合は
     ケミカルアンカーで増設補強します
b0146964_23313821.jpg

b0146964_2331469.jpg

b0146964_23315580.jpg


    ↓床組みや小屋組みの接合部に金物が設置されていないときも
     増設補強します
     いつも丁寧かつ真摯な姿勢で工事をしてくれる
     パートナー企業の亀井さんです 40年近いお付き合いです
b0146964_2333774.jpg


    ↓腐食した土台などの交換もします
b0146964_23352761.jpg

b0146964_2335447.jpg


    ↓危ない2階の床組みの補強
     この箇所は鉄骨梁で補強しました
b0146964_23371332.jpg



    ↓断熱改修は、床壁天井の全てに満遍なく設置
b0146964_23385834.jpg

b0146964_2339793.jpg

b0146964_2339172.jpg

K様邸に用いた断熱材は
床:フクフォームエコ
壁、天井:パーフェクトバリア


ざっとこんな感じです

工事記録の写真は膨大な枚数です
カナデホームでは標準仕様の監理基準です
いま建築業界では、知識の浅い技術者の問題が浮かび上がっています
どこに家づくりの基準を置くか
改めて考え直す良い機会です


では
[PR]
by kanadere | 2015-04-30 23:50 | 大規模リフォーム

 K様邸 この家を息子に残したい 12

こんにちは カナデホーム の浅田佳宏です カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています(2012年現在の実績)  こちら

 基礎コンクリートの補強工事(抱かせによる増し打ちコンクリート)を経て
耐震工事に着手しました
外部は外部で他の工事も同時進行しています
屋根の全面改修は耐震補強工事前にほぼ終了しました
e0268865_10154051.jpg

e0268865_10155098.jpg


 外壁は塗装工事による全面改修
水回りの外壁は窓の位置などが変わるため、既存の外壁はある程度の面積を解体
  ↓下地のアラシ貫からやり直しました
e0268865_10282282.jpg

  ↓アラシ貫の上に防水紙(フェルト)を張り、ラス網を取付けます
e0268865_10303066.jpg

e0268865_10303976.jpg

e0268865_10304925.jpg

e0268865_10305842.jpg


 以前の外壁は「リシンの搔き落とし仕上げ」でした
アルミサッシを入れ替えた箇所や、窓の変わった位置などの部分的な改修ですが
既存と同じ「リシンの搔き落とし仕上げ」で仕上げます
工程は3工程
まずはモルタル下塗り
e0268865_10352750.jpg

e0268865_10354683.jpg

e0268865_10355614.jpg

  ↑既存との壁に少し段差が付いています まだ次の塗り作業が有るためです
e0268865_10372754.jpg

e0268865_10373670.jpg

  ↑この状態でしばらく養生  ↓白く乾燥しました
e0268865_1039746.jpg


  ↓後日次に塗りの工程です 珪砂交じりのモルタルを再び塗ります
   接着剤を塗布
e0268865_1041296.jpg

e0268865_10413783.jpg

e0268865_10414532.jpg

  ↓細かい部分の作業
e0268865_10422427.jpg

e0268865_10423257.jpg


手を休め数時間待機・・・・・・
  ↓リシン用の櫛鏝で表面をなぞるようにこすっていきます
   表面部分のモルタルが削り落とされ、珪砂と下地のモルタルが残ります
e0268865_10451493.jpg

e0268865_10452926.jpg

e0268865_10454211.jpg


  完了しました リシン搔き落とし仕上げ
e0268865_10471451.jpg

e0268865_10472343.jpg

e0268865_10473215.jpg

e0268865_10475187.jpg

e0268865_10475927.jpg

e0268865_10481117.jpg

[PR]
by kanadere | 2015-04-14 10:08 | 大規模リフォーム

 K様邸 この家を息子に残したい 11

こんにちは カナデホーム の浅田佳宏です カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています(2012年現在の実績)  こちら

 耐震補強工事に着手する前に不具合や意外と見過ごしがちな木造軸組みの
弱点を細かく精査 規定外の工事ですが、時間を掛けて施行しました
e0268865_8583122.jpg

e0268865_8591542.jpg

e0268865_8595985.jpg

e0268865_911374.jpg


 耐震補強工事と一般に銘打っている内容は、主に筋交いを新たに設置し
家の骨組みを補強する内容が一般的です K様の基礎コンクリートは無筋でした 
次世代に継承するためには基礎の補強は欠かせません
通常より2週間程オプション的な要素の工事が追加されています
オプション的な追加工事の概要
1_「基礎コンクリートの補強工事(既存に抱かせて増し打ち_土間コンクリートとの一体化)
e0268865_9115136.jpg

e0268865_9102062.jpg

2_「柱引き抜け防止の為の柱脚金具の設置_ウエハラ-ガードホールダウン」
e0268865_912992.jpg

3_「小屋組、梁桁の接合部の補強 小屋火打ちの補強」
e0268865_9125654.jpg

e0268865_918818.jpg

e0268865_9182359.jpg


 この後補強計画図を元に現地で作業を行います
e0268865_955449.jpg

 筋交いによる補強作業
e0268865_9555254.jpg

e0268865_956089.jpg

e0268865_956719.jpg

 耐力面材(構造用合板)による補強
e0268865_9564187.jpg

e0268865_9565161.jpg

e0268865_9565994.jpg



K様邸は大規模な総合リフォームです
耐震工事とは別に、外部は外壁や屋根のリフォーム
アルミサッシの撤去新設もあります
水回りの全面改修・・・・・・・・・ 
 
[PR]
by kanadere | 2015-03-13 08:54 | 大規模リフォーム

カメラ付ドアホンの音が出ない

こんにちは カナデホーム の家守(家を守る)の浅田佳宏です。

 2年くらい前に、大規模耐震断熱改修を行ったK様邸から
「玄関のドアホンの音が出なくなってしまいました」
との電話が有り、早速電気屋さんと現地に赴きました
本体内部を開けてみた所、配線の接触不良でした
その場で修理完了

e0268865_1631081.jpg


 ところが後日また、同じ症状が・・・・・
メーカーに問い合わせたところ、スピーカー故障の事例が有るとの事
 メーカーさんに手配を掛け調査
結論:スピーカーの故障でした

 無事終了
御手数をおかけしました
[PR]
by kanadere | 2015-02-23 16:03 | メンテナンス

 K様邸 この家を息子に残したい 10

こんにちは カナデホーム の浅田佳宏です カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています(2012年現在の実績)  こちら

 基礎コンクリートの補強工事も終わりいよいよ耐震補強工事の段階となりますが
まだ先にやることがあります
 腐食木材の交換、小屋組みの火打ち材の追加設置、梁桁の接合部の補強・・・・

 腐食木材の交換
浴室は予測した通り洗面室の一部まで土台が腐食していました
シロアリではなかったです タイル張りの浴室ですから40年間の長きにわたり
タイル目地からの水の侵入です
e0268865_2004219.jpg

e0268865_200526.jpg

e0268865_201564.jpg

  ↓腐食した土台の入替え完了です
e0268865_202105.jpg

e0268865_2022666.jpg

e0268865_2023494.jpg


  小屋組みの補強
1階2階共に火打ち材が不足していました
赤く見えるのは、大梁を鉄骨で補強した箇所です
小梁が90度の方向から両側に差し込んでいますが、金物の補強もなく
空間が飛びすぎていたので、補強を施しました
e0268865_2073720.jpg

e0268865_207465.jpg

e0268865_2075350.jpg

  ↓2階の小屋火打ちは釘打ちです ボルトでしっかり補強しました
e0268865_2085977.jpg

e0268865_2091694.jpg

e0268865_2092967.jpg


  ↓1階下屋の小屋裏も大きな空間で構成されおり、部材同士の固定金物が無く
   補強が必要と判断 金物で補強しました
e0268865_20143846.jpg

e0268865_20144629.jpg

e0268865_20145542.jpg

e0268865_20151842.jpg

e0268865_20153346.jpg


  ↓土台もアンカーボルトの固定のピッチが遠すぎます @1800以内が基本
   ケミカルアンカーで増し打ち
e0268865_20165018.jpg

e0268865_2017398.jpg

e0268865_20171716.jpg


  ↓新規に耐力壁を新設した場所
e0268865_20195413.jpg

e0268865_20201342.jpg

e0268865_20202256.jpg

  ↓出来上がった新しい耐力壁
e0268865_20205027.jpg

耐震診断をすると、体力のバランスを家全体で考えます
上記の写真のように、家の中心に耐力壁が配置されます
この耐力壁を利用して、画像の大梁を補強しました
90度方向に鉄骨のH鋼材を配置大梁を受けます
この荷重は下の柱に伝わります 空間が大きく大梁のスパンが飛びすぎていました
そのための補強も兼ねています
[PR]
by kanadere | 2015-02-14 19:31 | 大規模リフォーム

 K様邸 この家を息子に残したい 09

こんにちは カナデホーム の浅田佳宏です カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています(2012年現在の実績)  こちら

 ウエハラ社の柱引き抜け防止の金物を取り付けた後は
内側に増して打つ(抱かせて)打つコンクリートの作業です
今回は土間も一体のコンクリートとして布基礎と同時打設して
基礎の強度を高める工法を選定しました
e0268865_193783.jpg


  ↓土間コンクリートも打設するので、下地に砕石を入れ、プレートで転圧します
e0268865_1944139.jpg

e0268865_1945498.jpg

  ↓基礎に布基礎の鉄筋を受けとめる為のアンカー筋用の穴開け
e0268865_1963230.jpg

  ↓防湿シートを敷いた上に鉄筋を組みます
e0268865_1975192.jpg

e0268865_198186.jpg

e0268865_1981056.jpg

  ↓鉄筋工事の記録監理
e0268865_1994059.jpg

e0268865_1994943.jpg

e0268865_191046.jpg


  ↓コンクリートの打設です
   立上りの布基礎と土間コンクリートの同時打設です
e0268865_19123274.jpg

e0268865_19124784.jpg

e0268865_1912584.jpg

  ↓養生期間を経て型枠を撤去、コンクリート出来形の記録監理です
e0268865_191449.jpg

e0268865_19142097.jpg

e0268865_19142971.jpg

e0268865_19143746.jpg

e0268865_1914585.jpg

  ↓新しく耐震壁が設置される箇所の基礎コンクリート
e0268865_1916126.jpg

[PR]
by kanadere | 2015-01-13 18:41 | 大規模リフォーム


確かな実績に裏づけられた   カナデホームのリフォーム


by kanadere

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

タグ

(76)
(51)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(7)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)

カテゴリ

全体
動線
耐震
住宅の燃費性能
光熱費の削減
雨漏り
大規模リフォーム
メンテナンス
プライベート
ZEH ゼロエネ
リフォーム
インスペクション
イベント
耐久性
古民家
自然素材
長期優良住宅化リフォーム
リフォーム
未分類

お気に入りリンク

フォロー中のブログ

カナデるブログ

最新の記事

今考えているリフォーム 17..
at 2017-01-10 05:01
省エネと快適さの両立 省エネ..
at 2016-12-22 17:53
メンテナンスのコツ 雨どい
at 2016-12-16 19:23
設備配管の固定バンド 完了
at 2016-12-15 17:15
排水の詰まり
at 2016-12-13 17:14

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2012年 10月
2012年 04月

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
環境・エコ

画像一覧